十二国記 登場人物 一覧

発行者: 16.08.2021

ハーバーライト物語 沙羅曼蛇 バオー来訪者 御先祖様万々歳! 李斎は昏睡状態から回復すると、面会に来た陽子に改めて助けを懇願する。陽子は心動かされ、雁国の王と麒麟に協力を仰ぐが、延王はその国の王の依頼がなければ軍が他国に入ることはできないという「 覿面の罪 」(破ると王は死ぬ)を告げ、決してこの罪を犯さないよう忠告する。陽子は李斎に、泰の民が自ら阿選を討つことはできないかと聞くが、李斎は気候の厳しい泰の民はすでに生きるだけで精いっぱいであること、阿選を討つために人を集めてもどういう訳か多数の脱落者が出てしまうこと、また仙である阿選は寿命もなく、王も麒麟も生きているが行方が分からないという状況では仙の資格を取り上げる方法もなく、悪逆を止める摂理の一切が働かないことを告げる。陽子はできる限りのことはすると確約し、李斎もそれで充分だと答え、罪深いことを考えて慶に来たことを謝罪する。. 尚隆のもとへも同様の要求が伝えられたが彼がこれを拒否すると、成笙を元州に派遣し、道中で民を募って漉水の頑朴(元州の州都)の対岸に堤を築くよう指示する。そして尚隆本人は正体を隠して元州に行った際に元州師から勧誘を受けた事を利用して元州師に潜り込んだ。国府には宰輔の危機を聞き 徴兵 を希望する民衆が国内各地から押し寄せ、支援を申し出る郡や郷が沢山現れた上に、尚隆の計略もあって斡由があてにしていた諸侯諸官が宰輔誘拐という強攻策に反発して寝返るなど、事態は斡由に不利に動いていく。更に雨季が始まり、尚隆の計略により雨の中で対岸にのみ堤を築かれる(堤が無いこちら側が 水攻め 状態に陥る)事に危機を覚えた斡由は州師に対岸の堤を切るよう指示、州師と民の戦いとなり王師が民を守るという、「民のために堤を」を掲げる斡由にとっては皮肉な構図になってしまう。.

当初は全39話とされ、年3月に第2シリーズ(第40話以降)の放送が発表されたが、第45話で終了となった。NHKの公式発表では、その理由として原作が未完であるためキャラクターを生き生きと描きづらいことなどが挙げられている [59] 。なお、脚色の 會川昇 が執筆し後に出版されたアニメ脚本集によれば、元々第2シリーズは「東の海神 西の滄海」に続いて「図南の翼」「黄昏の岸 暁の天」の構成で、原作未完の『黄昏の岸 暁の天』に何らかの決着を付けることでアニメ版十二国記の結末とする構想だった。『華胥の幽夢』収録の短編も、「書簡」「乗月」に続いて「冬栄」と「帰山」はアニメ化可能だった [60] 。.

主な登場作品 冬栄(短編集 華胥の幽夢収録) 主な登場人物 廉王:名は鴨 世卓。王でありながら王宮内で農園を営んでおり「 自分の仕事は農夫で、王は役目 」と言いきる。 廉麟:蓬莱へ渡る呉剛環蛇を使うため出番の多いキレイなお姉さん麒麟。. 挿絵は、 山田章博 氏が担当している。 十二の国の王と 麒麟 が中心の物語。総じて「 十二国記 魔人ブウ ご飯吸収 最強. 他に、台湾版と韓国語版がある [52] 。. 戴極国 4.

80. [ 3] .

主な登場作品 冬栄(短編集 華胥の幽夢収録) 主な登場人物 廉王:名は鴨 世卓。王でありながら王宮内で農園を営んでおり「 自分の仕事は農夫で、王は役目 」と言いきる。 廉麟:蓬莱へ渡る呉剛環蛇を使うため出番の多いキレイなお姉さん麒麟。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. ルイス 『 ナルニア国物語 』や ロジャー・ゼラズニイ の『 アンバーの九王子 』を読み、自分なりのファンタジーの理想形ができていった [4] 。小野は、十二国記のような物語は、ファンタジーというより神話や歴史絵巻の様なものだと考えているという [4] 。本シリーズは少女小説としては珍しく、理想の政治を考えるというような、中国歴史小説ものに近い受け止められ方もあるようである [1] [5] 。とはいえ、十二国間では天が定めたとされる摂理により侵略が許されないため(これを破ると王は死ぬ)、商業面以外の外交は必要なく、現実の政治とはかけ離れている [1] 。.

十二国の王と麒麟、主な登場人物、登場作品まとめ

パワーストーン GTO バーバパパ世界をまわる ぐるぐるタウンはなまるくん レレレの天才バカボン. 慕っていた景麒が慶国に戻り、泰麒は麒麟としての自覚を持てないままであったが、戴国に麒麟旗が掲げられ、王になることを望む者(昇山者)たちが泰麒に会うために続々と蓬山に集って来た。王を選ぶ天啓がどんなものか判らないまま、昇山者と対面する泰麒は、騎獣をきっかけとして承州師将軍の李斎と知り合う。また、昇山者同士の喧嘩で出会った禁軍左軍将軍の驍宗には、恐怖に似たものを感じる。泰麒はその後も度々李斎の下を訪れ、驍宗とも会話を交わすようになり、彼らが蓬山を去る間際には一緒に騎獣狩りに行くほどの仲になっていた。女仙の反対を押し切って同行した狩りの最中、李斎が見つけた洞窟に入った3人は、内部に潜んでいた伝説級の妖魔・ 饕餮 に襲われ、泰麒はひとりで対峙することになる。傷ついた驍宗と李斎を守るという強い思いから、泰麒は初めて折伏に成功し、饕餮を使令に下すという前例のないことをやってのけたのであった。.

主な登場作品 風の万里 黎明の空 落照の獄(短編集 丕緒の鳥収録) 主な登場人物 瑛庚:狩獺の事件を裁くことになった秋官司刑(裁判官のような存在)。 狩獺:本名は何趣。多くの命を奪った殺人鬼で、柳の法治国家としての根幹を揺るがせた犯罪者。. 範西国 8. 陽子登極時で 延王 尚隆により年続く長期王朝 で、非常に栄えている一国。この時点では年は十二国のなかでも奏につぐ2番目の長さです。.

麒麟便り 年12月28日.

  • 主な登場作品 風の万里 黎明の空 落照の獄(短編集 丕緒の鳥収録) 主な登場人物 瑛庚:狩獺の事件を裁くことになった秋官司刑(裁判官のような存在)。 狩獺:本名は何趣。多くの命を奪った殺人鬼で、柳の法治国家としての根幹を揺るがせた犯罪者。.
  • 櫨先新はもとは宿屋の主人で、登極後も宿屋時代と同じく なにかを決めるときは家族全員で決める合議制 をとっています。王は櫨先新ですが、実質は櫨一家全員をまとめて王。そのためか、雁に比べると官全体がのんびりした風潮(櫨先新談)らしい。.

. PDF .

当初講談社X文庫ホワイトハート [注 1] から発刊されたが、読者層が成人層へ拡大し、年から一般向けの講談社文庫からイラストなしで刊行された。少女小説が一般の文庫に引き入れられた例はそれまでになく、少女小説の世界で同シリーズは非常に破格の作品であった [5] 。. 主な登場作品 冬栄(短編集 華胥の幽夢収録) 主な登場人物 廉王:名は鴨 世卓。王でありながら王宮内で農園を営んでおり「 自分の仕事は農夫で、王は役目 」と言いきる。 廉麟:蓬莱へ渡る呉剛環蛇を使うため出番の多いキレイなお姉さん麒麟。.

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

PS22. 4 [8] 7Episode-0 .

小説 カテゴリの最新記事. 主な登場人物 6. 李斎は昏睡状態から回復すると、面会に来た陽子に改めて助けを懇願する。陽子は心動かされ、雁国の王と麒麟に協力を仰ぐが、延王はその国の王の依頼がなければ軍が他国に入ることはできないという「 覿面の罪 」(破ると王は死ぬ)を告げ、決してこの罪を犯さないよう忠告する。陽子は李斎に、泰の民が自ら阿選を討つことはできないかと聞くが、李斎は気候の厳しい泰の民はすでに生きるだけで精いっぱいであること、阿選を討つために人を集めてもどういう訳か多数の脱落者が出てしまうこと、また仙である阿選は寿命もなく、王も麒麟も生きているが行方が分からないという状況では仙の資格を取り上げる方法もなく、悪逆を止める摂理の一切が働かないことを告げる。陽子はできる限りのことはすると確約し、李斎もそれで充分だと答え、罪深いことを考えて慶に来たことを謝罪する。.

詳細は「 十二国記の登場人物 」および「 魔性の子 登場人物 」を参照. 幻の地底遺跡だってばよ 劇場版 NARUTO -ナルト- 大興奮! 宝重は蠱蛻衫。薄い紗のような衣で、纏うとほかの人からは姿が変わって見える。見る人にとって好ましいと思う姿で見えるため、人それぞれ違った姿に見える点が特徴。延麒 六太なみにおてんばな氾麟が外へ出かけるときに重宝している模様。. 麒麟便り 年12月28日.

[2] [2] [2]. 1212. VS Requiem NARUTO -- .

芳極国 7. テレビアニメ 山形 フリーマーケット. 主な登場作品 5. 十二国世界では国を安定して維持させる為、王とその家族、官吏とその配偶者と子供は、基本的には「冬器」という特殊な呪をかけた武器以外では害することが出来ない不老不死の体になる。 王の場合は麒麟に跪かれた時点一般の戸籍が抹消されて「神籍」に、それ以外は王がその者を「仙籍」に入れる事でこの扱いを受ける。また、天が直接管理する仙籍もあり、天によってこれに任じられた仙人は飛仙という。 仙籍は下野するなどして仙籍を抜けても元通りの生活が出来るが、王は選定を受けた際に人として死に神になったとみなされる為、神籍を抜ける事は死を意味する。 仙籍は王が死んでも代わっても抹消されない限りはそのままなので、王よりはるかに年上の官僚は珍しくなく、十二国世界では官僚の力が強い。 仙籍は上から順に 公 ・ 候 ・ 伯 ・卿伯・上大夫・中大夫・下大夫・上士・中士・下士に分かれる。 伯位以上の仙は自力で蓬莱( 日本 のこと)や崑崙( 中国 の事)に行ける特権を持ち、王の近親者・冢宰・三公・州侯以外に新設することは天綱で禁じられている。ただし、天が直接任じた飛仙は伯以上も存在する。 なお、十二国世界の言語は蓬莱や崑崙とは全く異なるものだが、神仙の頭の中ではそれらを何らかの呪力で勝手に翻訳される模様。 海客・山客が神仙になった場合も同様で各自の母語に翻訳される。 ただし、文字(漢文)は日本人の場合は白文を読み下せる人でないと読み書きが出来ない。.