ククラーク ジェダイ

発行者: 28.09.2021

ドゥークーの元から逃走したサヴァージ・オプレスはダソミアのマザー・タルジンから受け取ったペンダントを使い、 ダース・モール を捜索する。彼の力はますます増大し、ドゥークーはもちろん、アナキン・スカイウォーカーもそれを感じ取っていた。 オプレスは、ある惑星の貨物ブースに並べられたコンテナに付着していた埃から、モールの手がかりを発見する。彼はこれを運んできた貨物船の船長を問い詰め、これらはロソ・マイナーから運んできたものだと突き止める。オプレスはこの哀れな船長を脅迫し、自分をロソ・マイナーに連れて行かせたのだった。.

一方で、 ダーク・ジェダイ の アサージ・ヴェントレス もルールに姿を現していた。彼女はジェダイの間に混乱と不信を引き起こすべく、メイス・ウィンドゥの仕業を装って離反者たちのキャンプを襲撃した。しかし、ククラークは偉大なジェダイ・マスターが暗殺者を送り込んだと考えることを拒絶し、彼女に戦いを挑んだ。しかし、ヴェントレスはククラークを力で圧倒し、ウィフィッドのジェダイ・ナイトは逆に窮地に立たされるのだった。だが、そこでマスター・ウィンドゥが彼を助けに現れた。ククラークは辛くもこの場を逃れることに成功し、この分裂の首謀者である ソーラ・バルク が、アサージ・ヴェントレスと手を組んでいたことを知ったのだった。彼は既に ダークサイド の信奉者となっていたのである。こうして、ククラークとジェイセルは ジェダイ・オーダー へ復帰することに同意し、自分たちの不手際によって引き起こされた脅威の一掃に励んだのだった。.

ソロ率いる地上部隊とイウォーク族はバンカー基地を制圧し、シールド発生装置の破壊に成功する。反乱同盟軍艦隊もシールドの消失を察知し、ランド・カルリジアンの乗るミレニアム・ファルコンを筆頭に、ウェッジ・アンティリーズら高速戦闘機部隊(Xウィング2機、Yウィング1機、Aウィング2機)が第2デス・スター内部へと突入を図る。一方、本隊も総反撃を開始し、帝国軍最大の戦艦 スーパー・スター・デストロイヤー 「エグゼキューター」はシールドを失い、そこに制御不能となったAウィングがブリッジに激突する。ブリッジを失った「エグゼキューター」はデス・スターに激突し大爆発を起こし、指揮官を失った帝国軍は総崩れとなる。第2デススター内部に突入した部隊は、最後尾のXウィングが帝国軍に撃墜されたが、分岐点で各機を分散させ攻撃の手数を減らし、ウェッジとランドが中心部に向かう。中心部に到達したランドとウェッジがミサイルを中心部の主反応炉に命中させ反応炉を破壊。先に攻撃したウェッジがまず脱出し、ルークも父の亡骸を伴ってインペリアル・シャトルで脱出。最後に残されたミレニアム・ファルコン号も爆発の炎の中から脱出し、直後に第2デス・スターは爆発する。.

残されたジェダイたちも、ジェダイ狩りを生きがいにしている グリーヴァス将軍 の餌食となり、キ=アディの弟子ター・セイアとマスターを失い脅えているシャア・ギの2人が殺され、更にアイラ・セキュラ、シャク・ティの2人が重傷、ジェダイ・マスターのククラークは行方不明になり、死亡したと思われていた。キ=アディ=ムンディもバレックからの救援連絡を受けたオビ=ワン・ケノービが派遣したARCトルーパー・フォードーが駆けつけていなければ殺されており、悪夢のような大敗北を喫してしまった。. カテゴリ : 人物 ウィフィッド ジェダイ・オーダー 銀河共和国 新ジェダイ・オーダー 銀河連邦自由同盟. しかしその鎮圧作戦も反乱軍のシンパ「フルクラム」の暗躍や帝国からの離反者の続出によって殆どが失敗に終わり、2BBYには惑星ダントゥイーンにてベイル、レイア父娘やモン・モスマが中心となり「共和国再建のための同盟」、いわゆる 「反乱同盟軍」 の結成が宣言される。その後、ロザルにおける戦闘や首謀者であるジャラスの死亡、スローンの失踪などを経てスカリフの戦いへと向かっていくことになる。.

銀河共和国に帰ったジョリ・ダラゴンは銀河共和国にシス帝国が攻めてくることを伝えたが信じてもらえず遠い惑星に追放されるが、後に脱出し再びシス帝国の脅威を説明し、女帝テタや一部の ジェダイ の賛同を得ることに成功する。ナガ・サドウはほぼ無防備に近い銀河共和国に攻撃をしかけ、戦いは一気に銀河共和国全体に広がり、応戦したジェダイと銀河共和国の宇宙艦隊は形勢不利な状態が続いた。また、このとき活躍した有名な英雄の一人にエイリアンのジェダイであるオダン・ウーアがいる。形勢不利な状態が続いていた銀河共和国の連合艦隊は 赤色巨星 のプリマス・ガルードにてナガ・サドウの洗脳されていた部下の裏切りによって、劣勢を挽回することに成功する。以降、銀河共和国の優勢は決定的なものとなり、ジェダイのメミット・ネディルやジェダイ・マスターのウールーなどの活躍もあり、ナガ・サドウ率いるシス帝国を退却させることに成功する。. 反乱軍が勝利を喜ぶのも束の間、デス・スターがスカリフに現れる。ターキンはスーパーレーザーでの地上砲撃を指示し、ジンやキャシアンをはじめ、地上にいた全員が爆発に巻き込まれて死亡した。一方、撤退を図る反乱軍艦隊の前にダース・ベイダーのスター・デストロイヤー「デヴァステイター」が到着し、艦隊は壊滅する。データ奪還のために部隊を率いてプロファンディティに乗り込んだベイダーはライトセーバーとフォースの力で次々に反乱軍兵士を惨殺していくが、兵士たちの命懸けのリレーにより奪還に失敗。データは旗艦に接舷されていたコルベット「タンティヴIV」に乗る レイア・オーガナ 議員の手に渡った。.

一方のBB-8は、ジャクーに暮らすスカベンジャーの女性 レイ と出会う。BB-8の持ち主を探すためニーマ・アウトポストへ向かったレイとBB、そしてダメロンに代わってBBを探していたフィンは、アウトポストで意図せず合流する。しかしダメロンから地図を受け取ったBBを探すファースト・オーダーの襲撃を受け、放置されていたミレニアム・ファルコンに乗って追っ手から逃れた。その直後、ファルコン号の元の持ち主であるソロとチューバッカも加わり、一行はハンの旧知であるマズ・カナタの協力を得るため惑星タコダナへ向かった。.

2BBY. ARC17.

ジャビムは一年の殆どが雨の降りしきる厳しい気候と地形の惑星であるため、オビ=ワン・ケノービ将軍率いる共和国軍は新兵器の AT-AT などを投入した。戦闘は厳しく激しいものとなり、多くの兵士が命を落とす。そして遂にはオビ=ワン・ケノービ将軍とARCトルーパーのアルファ17も戦死したと報じられたのである。その後、アナキン・スカイウォーカー率いるマスターを失った パダワン の部隊「パダワン・パック」が反撃を開始する。. ソースを表示 このページについて話し合う ページの履歴 リンク元 関連ページの更新状況 メインページ スター・ウォーズの鉄人!について 検索: このページは 3, 回アクセスされました。 このページの最終更新日時は 年10月9日 日 です。. ミラ (ジェダイ・ パダワン ) ガルドス・ストーフ (ジェダイ・パダワン).

ヤヴィンの戦いから約5,年前に起きた シス帝国 と 銀河共和国 の戦争。民間のハイパースペース航路開拓者でシス帝国を発見した一人であるジョリ・ダラゴンが銀河共和国に戻る際に後をつけられ、銀河共和国の正確な位置を知ったシス帝国のシスの暗黒卿、ナガ・サドウが銀河共和国を侵略したことから起こる。.

こうして再び、生き残ったクローン達と増援のドロイド部隊との間で交戦が始まった。しかし、肝心の起爆装置の遠隔スイッチが作動しなくなってしまう。ヘヴィは一人基地に残って修理を試み、ドロイドたちが侵入するとお気に入りの武器であるヘヴィ・ロータリー・キャノンを使い一人で果敢に応戦した。足を撃たれ動けなくなったヘヴィは自らを犠牲に手動で液体ティバナを爆発させる。 ヘヴィの勇敢な行動により、リシ基地が爆発。ヴェントレスが潜入中のカミーノが奇襲を受けることはなく、アナキンたちにカミーノの危機が伝わったのだ。そしてアナキンの旗艦レゾリュートに戻ったレックスは、ファイヴスとエコーを 第大隊 の隊員に任命した。. 用語 登場人物 惑星 兵器 テクノロジー 組織 戦い スピンオフ 銀河帝国 オープニングクロール. スター・ウォーズの鉄人! メインページ 解説 ヘルプ よくある質問と回答 特別ページ ログイン カテゴリ : 人物 ウィークェイ ジェダイ・オーダー 銀河共和国 ダーク・ジェダイ 独立星系連合 ダーク・アコライト.

ヘルプ 井戸端 谷裂 狱都事変 バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.

  • 銀河共和国に帰ったジョリ・ダラゴンは銀河共和国にシス帝国が攻めてくることを伝えたが信じてもらえず遠い惑星に追放されるが、後に脱出し再びシス帝国の脅威を説明し、女帝テタや一部の ジェダイ の賛同を得ることに成功する。ナガ・サドウはほぼ無防備に近い銀河共和国に攻撃をしかけ、戦いは一気に銀河共和国全体に広がり、応戦したジェダイと銀河共和国の宇宙艦隊は形勢不利な状態が続いた。また、このとき活躍した有名な英雄の一人にエイリアンのジェダイであるオダン・ウーアがいる。形勢不利な状態が続いていた銀河共和国の連合艦隊は 赤色巨星 のプリマス・ガルードにてナガ・サドウの洗脳されていた部下の裏切りによって、劣勢を挽回することに成功する。以降、銀河共和国の優勢は決定的なものとなり、ジェダイのメミット・ネディルやジェダイ・マスターのウールーなどの活躍もあり、ナガ・サドウ率いるシス帝国を退却させることに成功する。.
  • 輸送船が限られているため全ての物資を撤退させる事ができない同盟軍は、宇宙空間では使えないスノースピーダーを迎撃部隊の主力とする地上戦闘によって脱出の時間を稼ぎ、戦闘後は兵員とパイロットのみを回収する予定であった。 間もなくヴィアーズ率いる帝国地上軍戦闘部隊を乗せたゴザンティ級クルーザーが降下を開始、 AT-AT を主力とする部隊が侵攻を開始した。地上戦闘員が塹壕戦で反撃する上空をローグ中隊のスノースピーダーが出撃し、AT-ATに襲いかかった。 地上の重砲ですら跳ね返すAT-ATの厚い装甲にスノースピーダーのブラスターキャノンは全く歯が立たず、逆にAT-ATの強力な対空砲火にスノースピーダーの装甲板は耐えることができなかった。すぐに戦況を理解したローグ中隊長のルークはデルタフォーメーションアタック戦法とトゥ・ケーブルをAT-ATの脚部に絡ませて敵の進攻を止める指示を出すが、スピーダー部隊は帝国軍の対空砲火の餌食となっていく。ルーク機も被弾し、後部座席で砲手を務めるダク・ラルターが戦死する。しかし、ウェッジ・アンティリーズの機体がAT-AT足元への接近に成功し、ケーブルを発射して脚部を絡めとり、1機のAT-ATを前のめりに転倒させる。これを見た同盟軍地上部隊も反撃に移り突撃を開始し、一時的に帝国軍を押し返した。 しかし、数に勝る帝国軍の猛攻は止まらず、ルーク機は被弾墜落し、基地内に帝国軍地上部隊が突入を開始した。防戦の限界と見たレイアは全軍撤退の指令を出す。. その後、暫くは平和な時が流れたが、別の銀河系からの侵略者 ユージャン・ヴォング との戦争が勃発。相互理解の不備から凄惨な殲滅戦争となり、膨大な犠牲者が出る事となる。.

X 7UAT-ACTXUTIE2 TIE 1 Y 2. : :. Screen Rant. 5 99.

スターウォーズ・キャラクター一覧50音順

しかしその鎮圧作戦も反乱軍のシンパ「フルクラム」の暗躍や帝国からの離反者の続出によって殆どが失敗に終わり、2BBYには惑星ダントゥイーンにてベイル、レイア父娘やモン・モスマが中心となり「共和国再建のための同盟」、いわゆる 「反乱同盟軍」 の結成が宣言される。その後、ロザルにおける戦闘や首謀者であるジャラスの死亡、スローンの失踪などを経てスカリフの戦いへと向かっていくことになる。.

ところが既に製造されていたバトル・ドロイド軍の数は共和国側の想定を遥かに超えており、ジェダイ騎士も数に圧倒され、そのほとんどが命を落としてしまう危機的状況に陥った。しかし全滅する寸前に、グランド・マスターの ヨーダ が率いる20万人のクローン・トルーパーの援軍が到着。カミーノにおいて製造段階から高度な戦闘訓練を施され、強力な兵器を携えたクローン兵達は初の実戦で見事に活躍し、ジェダイとクローン・トルーパーの共和国側が逆転勝利した。しかし、敗走したドゥークー伯爵ら分離主義勢力の要人たちをことごとく取り逃がしてしまい、彼らは事実上この戦いを以て銀河共和国に対抗する新たな星系間国家、独立星系連合の成立と共和国に対する 宣戦布告 を宣言。銀河各地の星系でゲリラ的に戦争が拡大されることとなる。.

名前空間 ページ ノート. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目.

X2Y1A22 A2X2. New York, N. Y6710Y 1Y. SCUBA. 10IV.

メインページ 解説 ヘルプ よくある質問と回答 特別ページ ログイン. 帝国の勃興時代 レガシー時代. ところが既に製造されていたバトル・ドロイド軍の数は共和国側の想定を遥かに超えており、ジェダイ騎士も数に圧倒され、そのほとんどが命を落としてしまう危機的状況に陥った。しかし全滅する寸前に、グランド・マスターの ヨーダ が率いる20万人のクローン・トルーパーの援軍が到着。カミーノにおいて製造段階から高度な戦闘訓練を施され、強力な兵器を携えたクローン兵達は初の実戦で見事に活躍し、ジェダイとクローン・トルーパーの共和国側が逆転勝利した。しかし、敗走したドゥークー伯爵ら分離主義勢力の要人たちをことごとく取り逃がしてしまい、彼らは事実上この戦いを以て銀河共和国に対抗する新たな星系間国家、独立星系連合の成立と共和国に対する 宣戦布告 を宣言。銀河各地の星系でゲリラ的に戦争が拡大されることとなる。.

ジェダイ・オーダー 銀河共和国 独立星系連合 ダーク・アコライト.

Screen Rant. PDF. 12 .

カテゴリ : 人物 ウィフィッド ジェダイ・オーダー 銀河共和国 新ジェダイ・オーダー 銀河連邦自由同盟. 惑星ムーニリンストは共和国の金融最大手 インターギャラクティック銀行グループ の本拠地である。. 名前空間 ページ ノート. 反乱軍が勝利を喜ぶのも束の間、デス・スターがスカリフに現れる。ターキンはスーパーレーザーでの地上砲撃を指示し、ジンやキャシアンをはじめ、地上にいた全員が爆発に巻き込まれて死亡した。一方、撤退を図る反乱軍艦隊の前にダース・ベイダーのスター・デストロイヤー「デヴァステイター」が到着し、艦隊は壊滅する。データ奪還のために部隊を率いてプロファンディティに乗り込んだベイダーはライトセーバーとフォースの力で次々に反乱軍兵士を惨殺していくが、兵士たちの命懸けのリレーにより奪還に失敗。データは旗艦に接舷されていたコルベット「タンティヴIV」に乗る 三政商店 議員の手に渡った。.

I 1.