横島忠夫 ss ネギま

発行者: 24.09.2021

事故と言っていたが原因は分かるのかね?」 あの気を出せる力量なら確かに瞬間移動を使えても納得できるが、それが失敗する理由を問う。 「感じからして世界を越えるのに力不足みたいです。来た時の事故って暴走と普段の何倍かの力がかかっちゃたんですよ」 なんせ文珠10個分だ、同じ事を起こすのに2つでは明らかに力不足。 同等の個数が必要として『世』『界』『間』『転』『移』『座』『標』『妙』『神』『山』といった所か。 とてもではないが無理だ。2個ではこの程度の被害だったが中途半端に数を増やし、世界の狭間にでも落ちたら最悪だ。 現在同時制御記録は6個、時間をかけ集中してそれだ。 4個までは順調に増えたが其処から先ははっきり言って進まなかった。難易度は文珠1つ増すたび、加速的に増えていくのだ。 ちなみに6個の記録を作ったのは『覗』『標』『的』『小』『竜』『姫』だ。 ガードが固く勘の鋭い小竜姫の入浴を、部屋から覗く事に成功した煩悩の成す絶技だったが、その霊気を察知され血だるまにされた。 恐るべきは東京から妙神山を覗く横島の煩悩か、それを察する小竜姫の勘か。彼らにはヒャクメは、不用かもしれない。 話を戻すと煩悩のブースターをつけてさえ全く届かないのだ。現状では無理と言わざる負えない。 「今の力の数倍か、凄まじいの」 「あっいや、本当に事故で、そんな力出せませんし、実際失敗してこんなんなってます」 慌てて否定する。過大評価なんぞされたらろくな事にならない。 兎も角これで当分戻れないのは確定だ。どうするか考えなければならない。 「ふむ?

いや~ 新しいパターンの作品に出会えてうれしいです。 GSとネギまのクロスものは好きなんで、しかも横島一人じゃなくて、プラス雪乃丞とピートがいて今までに無いタイプ! この先の展開に期待して待ってます。 すごく面白かったです!!! {八雲 }.

Tweet 0. はじめまして、らっかーと申します。 今回が初投稿になります。 いままで読むだけだったのですが、色々読む間に自分でも書きたくなり、筆をとらせてもらいました。 初投稿のため不手際もあるかもしれませんが、これからよろしくお願いします。. いやはや、エヴァちゃんは横島の過去を見ちゃいましたか。 確かに、あれはキツイですね。これを機会にエヴァちゃんがどういった感情が芽生えてくるか楽しみです。 面白かったです。 次回も楽しみにしてます。 {忍 }. 警戒レベルを落さぬまま、反応を探る会話の軽いジャブを放つ。事故と言っているが真贋は不明。 霊能者などと語る者は少ないが退魔士の類だろうか、こちらもまだ本当か分からない。魔法使い側の社会の人間とは認めているようだが。. すみません、同級生という設定ではないです。(なぜかそう書かれているのに気付きました) 世界移動したのも仕事中っていう感じで・・・。 読み直して気付きました。クラスメートで転移・・・タイガー忘れたって感じじゃないです(笑. 異世界から来たGSという名の退魔士、ファーストコンタクトは脅威の一言だったが、これから自分の同僚になる。 見せてもらった技だけでも強力な物を複数持つ高度な術者。性格はまだ理解しきれないが悪い人ではないようだ。.

mino GS ATK51 HOUMEI Mak2 tito sakaki ? …… .

ネギも横島が再び教室に入る前、ポケットに手を入れ何かの強力な術を使ったのには気づいたが、その中身までは気づけない。 当たり前だ。普通そんな事に貴重な文珠を使わないし、使う必要すらない。それにネギは横島に頭をシェイクされ、まだくらくらしていた。. しかし毎回これを繰り返すわけにもいかない。かつてよりはるかに早くなったが、それでも文珠生成速度は1日1つ強。 『自』『制』の効果は感触からいって半日強。不足するのは明らか。 自力で耐えるようにできなければいけない。.
  • どもはじめましてテン 以下略 です。   らっかーさんの記念すべき第一話おもしろ可笑しくよまさせてもらいました。横島が文珠の制御不能な数までつかってしまってねぎまに行ってしまうなんてとても新鮮で良かったです。後文珠をぺらぺら人に教えなかった所もとても良かったです。第二話楽しみに待っています {テンペスト }. そう言ってエヴァンジェリンと茶々丸は飛び立つ。 雪之丞がやってきたとしても空を飛べるピートが動けない今、空を飛んでいった二人を追う術はない。 ピートはよく知る気配が近づいてくるのを感じつつもこれからどうしようかと考え始めた。.
  • 精神を刺激し、記憶を刺激し、必要の無いものは飛ばしていく。 幼いころの男は本当にどこにでもいるようなガキだったらしい。 自分が見たいものはこんな何の変哲も無いつまらない日常ではない。 延々ととばされるつまらない日常に飽き始めた時、変化は起こった。. 二人の間になんとも言えない空気が流れる。 長瀬、那波、朝倉、龍宮等といったストライクゾーン級(何がかは、いうまでもない)はもちろん一目で、神楽坂明日菜、近衛木乃香らネギの周りの人間も覚えたが、 流石に朝一回り見た後、すぐあの騒動ではクラス全員は覚え切れない。 金髪碧眼で目立つはずのエヴァンジェリンも、横島的には優先順位が低いので当然覚えていない。騒動の原因からすれば彼女自身のせいでもある。 闇の福音と呼ばれた彼女のプライドにひびを入れる、びみょ~な一撃だった。.

「Go together プロローグ(GS+ネギま!)」

確かに密教の秘術や房中術関係で、そういった系統の術者がいると聞いた事があるし、異世界の事、加減は様子を見ながらせざるおえない。 イナズマイレブンチート. 振り返ったとたん、逆に肩をつかまれ、血の涙を流しながらガクガクと肩を揺さぶられる。呼び名も戻っている。 横島は中学生と甘く見ていたが、3-Aには彼のストライクゾーンに入ってしまうスペックを備えた人物が何人もいたのだ。 しかし彼はロリコンではない、普通と違う物だが倫理観もあり、学園長との契約もある。 手を出したいが手をだしてはいけないというその葛藤は、リリスに知恵の実を差し出されたアダムのごときだ。 横島にとっての地獄がはじまる。.

更新お疲れ様です。 今回も面白かったと思います。 エヴァ、見ちゃいましたね・・・・・・。 あれは正直他人が見るにはキツイ記憶かと。 それにしても、「ソロモンの魔神」と戦う記憶を見ても驚く程度なのにはちょっと違和感。 あと、ピートの事で学園長にキレるユッキーが素敵 w あと、横島以上の節操なしのユッキーに幸あれ 爆 そして、この手のSSでは活躍できないピートにもっと出番を w {遊鬼 }. だがその爪は間の抜けた声と同時にガードされる。 魔力を帯びた爪をガードしたのは淡いグリーンに光る刃のようなもの。 一瞬興味深げに見た後、合気の応用で相手の力を利用して横島を地面に転がす。 だが転がった横島は慌てて非常に無駄があるように見える動きで立ち上がり、. 横島以外が登場する作品は初めて見たので新鮮で面白かったです。 ただ、雪乃丞が茶々丸と互角なのに横島がエヴァに簡単に捕まったのが納得がいかないというか描写が足りない気がします。 いくらエヴァが強くても封印状態ですし、人を抱いて移動していたとしてもさすがに簡単に捕まり過ぎじゃないかなと思いました。.

  • GS美神 魔法先生ネギま!
  • やがて煙が晴れ始める。自分が相手ならここで攻撃をかける。どうしても安堵から緊張感が溶けてしまう瞬間だ。 だがそれは、並の相手ならばだ。百戦錬磨の自分は違う。この程度で読み勝ったと思うなよ、横島忠夫。 気を引き締め、逆に緊張感を高めて待つ。手の中のフラスコが汗で滑りそうになるのを耐える。.

… Janne. …  …  ….

よこしマホラ (GS美神極楽大作戦! 魔法先生ネギま! クロスオーバー)

俺まだ高校っすよ?」 驚く横島に学園長は答える。教師なんぞという物は、彼にとってむしろなりたくない物だ。 女子高や女子大なら別だが兎も角、と考える彼の思想はなかなか惜しかったが。 「いや、学生というのは意外と身分がしっかりしておってな、社会人の方が誤魔化しやすいんじゃ。年の方も当てがある。 異世界から来たなら当然戸籍なんかもないじゃろ。」 「だったら、夜の警備員だけでも…」 「いや夜の警備は普通の警備員と違う、表の職として扱えん。それにココは学校じゃ。皆学校関係者、無職の者は基本的におらん」 「用務員とか普通の警備員とか…」 「君は知らんがこちらでは魔法関係の事柄は秘匿されておる。他にも常識がややずれてるかもしれん。 不特定多数の人間と接触の可能性が高い仕事は避けざる負えん」 「俺勉強苦手なんですが…」 「心配無用。その関係の仕事は担任がこなす。君に頼むのはその他のサポートじゃ」 「はぁ、わかりました。受けさせてもらいます」 老練の言葉に、横島を確保する真意を隠したまま逃げ道をふさがれ、横島は頷いた。 「ではネギ君のクラスを頼もうかの」 いかにも今思いつきました。という感じで言う。 「おっネギお前の先生になったみたいだ。宜しくな」 普段なら教師と聞いて、寧ろ女子校教師を真っ先に浮かべる横島がそうしなかった理由、小学生くらいの少年、ネギにそう答える。 この台詞に三人は苦笑を浮かべる。 「いや、ネギ君が先生なのじゃ」 「なんですとーーー!!

インデックスに戻る( フレーム有り / 無し ). 第一話読ませてもらいました。とてもおもしろかったです。やはり横島はこうでなくてはいけませんね。サイキック猫だましで逃げる。実に横島らしい {HOUMEI }. これは嘘だ、実際には横島の意識化にはそれなりの数の文珠がまだあり、転移なら十回分以上ある。 このあたりを隠すのも小竜姫らの教育の薫陶だろう。やはり美女や美少女相手には骨抜きになるが、この面子なら有効だ。 何気なく栄光の手の本質も隠している、しかも本質がばれても問題ない所まで出しながら。.

…… . ……  .

「男三人麻帆良ライフ 第二話(GS+ネギま!)」

染谷勇次郎 過去 かなり分厚くブロックされていた記憶に興味を持ち、こじ開けて未来の横島が来たときの事を覗いたのだ。最も断片的にしか見れなかったが・・・。. タイトル変更しました。 書きたくなったらとりあえず書いてみる。 それが私だ!!. エヴァ、見ちゃいましたね・・・・・・。 あれは正直他人が見るにはキツイ記憶かと。 玄関開けたらサトウのごはん あと、ピートの事で学園長にキレるユッキーが素敵 w あと、横島以上の節操なしのユッキーに幸あれ 爆 そして、この手のSSでは活躍できないピートにもっと出番を w. すっと鋭い眼光でエヴァンジェリンは魔力を感じた方を睨む。 内心かなり警戒し、緊張している。 今の自分は満月が近いから少しは力を使えるとはいえ、それでも力のほとんどを封印されているのだ。 そんな状態でこちらへの敵意と、強い力を持つ者に接触されたらお終いだ。.

原作に近い横島のGSクロスって少ないんで面白いです^^  ただ、ちょっと誤字が目立ちます(^_^Ajjj  学園長が学園町になってるいし、お譲ちゃんじゃなくてお嬢ちゃんです。  朝礼暮改……は朝礼会?  では投稿前の推敲は忘れずに~ ^^ ノシ {R }. 虎はまぁ、日常なら兎も角でかい事件とかになると途端に使えなくないますからねぇ・・・・・あの能力 泣 彼も目立たない方が魔理嬢と仲良くやれるんですからその方が彼も幸せでしょう・・・・・・多分.

… Janne !

「男三人麻帆良ライフ 第一話(GS+ネギま!)」

第一話、読ませていただきました。 エヴァとの初戦、面白かったです。 ただ、横島のボケが少ないと思いましたが、原作並みかそれ以上だったみたいですね。 スケベなとこもパワーアップしているみたいですしね、アシュタロス戦後だから、仕事の最中と日常の区別はできると思っていたんですがルシオラは、報われませんね… 美神がいないからかな、次回も楽しみにに待っています。 頑張って下さい。 {仲神 コイイロノユメ }.

こっちはいかにも誤魔化すように答える横島。文珠の事は無闇に話さないよう美智恵、小竜姫、猿らに口をすっぱくして言われ続けた成果だ。 ちなみに美神には言われていない、利益に繋がる訳ではないからだ。乱用禁止は自分の(違うのだが)文珠を確保するためだ。. 改定前分のレス返しです。 皆さん、感想ありがとうございます。 >九頭竜さん ボケはもう少しいれたかったんですが入れると話がすすまなくて。 もう少し入れたいと思ってます。 横島に関しては性格は別としてスペックは高いと思っています。 血筋だけでなく、好きな事に対しては原作でもとんでもないレベルを出してます。 >minoさん 横島の強さはGS試験からアシュタロス編までの伸びの速さで数ヶ月伸びた位をイメージしてます。 性格は心に傷を受けて多少かわったな、位のイメージです。 >仲神 龍人さん はい、原作を壊さないようにしたいんですが、やはり変化を入れると不安があったのでそう言ってもらえるとうれしいです。 更新、何話かは最初に書いてから投稿はじめたのでそこまではスムーズに行きます。 >ATK51さん 移動方法は文珠か時間移動が使いやすかったので王道に乗らせてもらいました。 ロックマン エグゼ イラスト 「慣れ」の真相、確かに知らない方が幸せな事ですね(笑) >HOUMEI Mak2さん はい、がんばっていきます。 >テンペストさん この話の横島はいくらか成長させた方が、ネギま!のキャラとの絡みがうまくいきそうだったので、少ししっかりさせてます。 でもちゃんとはっちゃけますので根っこはのこってます。 >とおりすがりさん 心の変化については心の傷はルシオラを失ってしばらくはまだそれを受け入れきれなくて、時がたつに連れて響いてきたイメージでやってます。 自分の経験での事でなんですが、人が死んで最初は喪失感が上手く認識できなかった事があったので、横島もその後、喪失感が感じ入ってきてからと言う事でお願いします。 文珠については、そのものはどーしてもかぶってしまうので、数に頼りました。 >titoさん そう言っていただけるとうれしいです。がんばって続けていきたいと思います。 >趙孤某さん ええ、やっぱり煩悩は残しておかないと横島らしくないですから。 横島は間違っても最強ではありませんが原作よりは強化してます。 >sakakiさん 誤字指摘、ありがとうございます。完全にミスってました。 プロット用ファイルの登場人物名から間違えてたし(泣) 今書いている話までチェックしなおします。.

警戒レベルを落さぬまま、反応を探る会話の軽いジャブを放つ。事故と言っているが真贋は不明。 霊能者などと語る者は少ないが退魔士の類だろうか、こちらもまだ本当か分からない。魔法使い側の社会の人間とは認めているようだが。.

…… !. TINAMI .